アフリカ

世界で唯一の海岸砂漠!砂漠と砂丘が霧に包まれる絶景「ナミブ砂海」

ナミブ砂漠は、巨大なデューン(砂丘)が1,000km以上に渡って続く、広大な砂漠です。干上がったデッドフレイ(死の沼)が点在し、アプリコット色のデューンの背後には礫岩(れきがん)の平野、海岸のラグーンなど、他ではみられない景観とここに生息する動植物をみることができます。今回は、南アフリカの世界自然遺産「ナミブ砂海」をご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

「ナミブ砂海」とは?


出典:ウィキメディアコモンズ
ナミブ砂漠は、アフリカ大陸南西部に位置するナミビアという国にある、真っ赤な砂漠が遥か遠くまで続く世界最古級の砂漠です。起源は8000万年~1億年も前に遡り、人間も動植物も住みにくい極限の地で、固有の動植物が生息しています。ここに訪れる人は、奇跡ともいえる感動的な光景を目にすることができるとか。

 

南北1,500~2,000kmに渡るナミブ砂漠の中で、世界遺産に登録されている部分は、南北320km、幅120kmの一体で、「ナミブ砂海」と呼ばれています。

 

『ナミブ砂海』は、2013年に世界自然遺産に登録されました。登録基準は、自然遺産(ⅶ) (ⅷ) (ⅸ) (ⅹ)です。

 

ナミブ砂海は、世界自然遺産の4項目すべてを兼ね備える、キングオブ世界自然遺産です。

 

アクセス

南アフリカの玄関口ケープタウン空港からウォルビスベイ空港へ行き、レンタカーで約4時間。

 

「ナミブ砂海」ってどんなところ?


出典:maxpixel
北はアンゴラとの国境に付近から始まり、南は南アフリカ共和国の北端まで続いています。先ほどご紹介したように約8000~1億万年前に誕生した世界最古の砂漠のひとつ。日中の気温は40度以上にもなり、太陽の光が焼いた砂面は50度以上にもなる灼熱地獄です。

 


出典:pixabay
ナミブとは、現地語で「何もない」という意味で、この地に住んでいたサン人が名付けました。静寂に包まれた赤い砂のみの世界が広がる絶景は、訪れる人々を魅了しています。

 

ドラケンスバーグ山脈の砂が、オレンジ川に流れ出て海岸まで運ばれ、その後海上の強風によって内陸まで飛ばされ砂漠が形成されています。砂が赤いのは、鉄分を含んだ砂が、海からの霧の水分と太陽の光で酸化するためです。

 


出典:ウィキメディアコモンズ
高さ100~300mを超える砂丘が延々と連なり、時間によってみえ方が変わる自然美は言葉を失うほど。特に朝日のころや夕日に染まる、砂丘は誰もが涙を流すほどの美景観です。また、風によって砂が運ばれ砂丘は少しずつ移動しています。砂丘にできた砂紋も刻一刻と変化し、今みた景色は二度とみることができません。

 


出典:ウィキメディアコモンズ
この極限状態で生きる固有の動植物の水資源は海霧です。また、地下深くにある水脈に根を下ろして、約2000年も生き続ける固有植物の「ウェルウィッチア」は必見。生きた化石と呼ばれる大きな植物は、5mも葉が育つアフリカならではの奇妙な植物です。

 


出典:ウィキペディア
また、砂漠地帯に生息する、長い角が特徴の「アラビアオリックス」や立派な角を携える「スプリングボック」、「デザートライオン」も見られます。

 

「ナミブ砂海」のベストシーズン


出典:ウィキメディアコモンズ
ナブミ砂海に行くなら、比較的気温の低い4~6月がベストです。この時期の平均気温は25度あり、一日の気温差が10~15度あるので、フリースなどの防寒着を持って行くのがおすすめです。8月は砂嵐のシーズンなので、避けた方が賢明です。

 

「ナミブ砂海」のみどころ

ソーサスフレイ


出典:pxhere
この景色は誰もが一度はみたことがあるのではないでしょうか。赤い砂丘の前に広がる、白い地。現地語では、ソーサス=終わりフレイ=沼地という意味です。とはいえ、「まるで絵画のような不思議な景色」という表現で紹介される絶景スポットです。

 


出典:pxhere
もうひとつ有名な場所には、冒頭でも紹介した「デッドフレイ」。実は、木も育たない過酷な地で、干上がった白い沼地に枯れ木のみが散在する景観が有名です。

 

ソススフレイ


出典:maxpixel
巨大な砂丘が延々と連なる特異な自然美がみられるのが、ナミブ砂海観光のハイライト「ソススフレイ」です。ポスターやパンフレットでみられる、ナミブ砂漠の醍醐味ともいえる景観「赤い砂地」が広がっています。世界最大の砂丘群が連なり、波紋が広がる絶景は圧巻です。

 


出典:ウィキメディアコモンズ
また、雨季に降った雨は、くぼ地に幻の湖を作ります。この期間限定の湖で水浴びをすることも可能です。「奇跡の湖」と呼ばれるほど、であうのは難しいですが運試しにぜひ。ソススフレイへ行き、サンライズで砂丘が遥か彼方にまで真っ赤に染まる風景もぜひご覧ください。

 

DUNE 45


出典:ウィキメディアコモンズ
DUNE 45と呼ばれる美しい砂丘は、絵ハガキに登場するほどの絶景です。ここは、砂丘の中でも登頂が許されているもののひとつです。ツアーなどでも朝日のウォッチングポイントとして選ばれており、一生に一度は見たい絶景が広がっています。

 

朝日が昇るころの、少しずつ赤色に染まってゆくは神秘的で心が洗われるようですよ。DUNE 45に上って日の出を待つのは、ちょっときついですがぜひ。でも、1回しかみることができない方は、ソススフレイのホテルに泊まり朝日をみた後で、DUNE 45に訪れるのがいいかも。

 

夕日に染まるナミブ砂海を眺めるホテルステイ


出典:ウィキメディアコモンズ
クールモダンという言葉がピッタリのロッジに宿泊して、サンセットのころのナミブ砂海を満喫しませんか?何もかもがラグジュアリーな、「リトル・クララ」がおすすめです。砂漠と一体化したような、ナチュラルな装飾が施され、一面ガラス窓のお部屋から砂漠を眺める贅沢なホテルステイが叶います。

 

また、柔らかなライトが灯るサンデッキから、この世のものとは思えないほど美しいサンセットを望めます。

 

空から眺めるナミブ砂海


出典:ウィキメディアコモンズ
やっぱり遊覧飛行での、絶景観光はぜひ味わってほしいもの。上空からみても終わりのない砂漠地帯は感動的!赤い大地に線を成す砂丘や砂紋は、素晴らしいですよ。セスナでの遊覧観光もいいですが、気球に乗っての遊覧もメルヘンチックでステキ♪

 

乾いた地でみる満点の星空


出典:ウィキメディアコモンズ
実は、ナミブ砂漠は、「星空保護区」の中で評価の高い金賞を受賞しています。天の川や南十字星もはっきりとみえて、まるで天然のプラネタリウムのようです。

 

まとめ

アプリコット色の砂丘が、陰影を描く姿はまさにフォトジェニック。できれば、砂丘の下に漂う霧とコラボした写真を撮影したいですよね。ちょっと長いお休みを取って、地球上とは思えない砂漠惑星のような「ナミブ砂海」を心ゆくまで満喫してください。

 

スポンサードリンク

 

タイトル画像出典:ウィキメディアコモンズ

 

Translate »