アメリカ

ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートは世界最大のリゾート!

テーマパークで遊ぶ海外旅行なら、アメリカ合衆国フロリダ州オークランドにある、「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート( Walt Disney World Resort):略(WDW)」がおすすめです。朝から夜まで思いっきりはっちゃけて、夢いっぱいの「ディズニー・ワールド」を遊び尽くそう!

スポンサードリンク

ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートとは?


出典:pixabay
夢と魔法の国「ディズニー・ワールド」は、子どもはもちろん大人だって羽目を外して楽しめる「遊びの王国」です。一歩エントランスを入ると、そこには開放感に溢れた、夢と魔法の王国が待っています。
WDWは、山手線の1.6倍もの面積をもつテーマパークです。1955年カリフォルニアにディズニー・ランドを建てた16年後に、ウォルト・ディズニー氏がここを誕生させたのは、彼自身の理想郷でした。

4つのテーマパークと2つのウォーターパーク、2つのエンターテインメントエリアと25以上の個性的な直営ホテルもあり、自分らしくディズニー・ワールドを楽しむための要素が目白押し!1泊で楽しむなんて絶対に無理。1週間でも遊びきれませんが、最低でも5泊は欲しいもの。それでは、誰もが憧れる夢と魔法のリゾートWDWをご紹介しましょう。

ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートのインフォメーション


出典:ウィキメディアコモンズ

アクセス

オーランド空港から車で約30分。
(直営ホテルへ宿泊する方は、24時間シャトルバスが運行しています。)

ベストシーズン

クリスマスから年末年始、イースターは、混雑しますが、イベントもたくさん行われ遊び方も倍増。混雑を回避したい方は、5月の半ばと10~11月(8~11月は台風シーズン)が、比較的空いているようです。

服装

亜熱帯気候で、年間を通して過ごしやすいので、濡れてもよく動きやすい服装が◎。靴はもちろんスニーカーで!
冬の気温は約10℃。防寒着は必要です。夏でも羽織る物は用意しておきましょう。春と秋の朝晩は冷え込みます。ダウンなどの防寒着を。

公式サイト

https://disneyparks.disney.go.com/jp/disneyworld/

ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートを楽しむコツ!


出典:ウィキペディア

アメリカ人の弱みは早朝

アメリカ人は朝早くから遊ぶのが苦手です。できれば、開園の30~40分前には並んで、人気のアトラクションから楽しみましょう。

日本語は通じない

残念ながら日本語は通じません。でも、エプコットにある日本館には日本人キャストが在中しており、日本食もあるので事前に場所を調べておきましょう。各パークのエントランスにはガイドブックがあるので、日本語版をGETするのをお忘れなく!

せっかくの海外旅行!お金はケチらずに

チケットは公式ホームページで購入可能です。出発の60日前には、チケットを購入しましょう。時間が許せば、4パークを走破できる4日以上のパークチケットとちょっと料金が高くなりますが1日複数パークを回れる「パークホッパー」の購入がおすすめです。ウォーターパークも行きたい欲張りさんは、オプションで「ウォーターパークファン」を付けておくといいでしょう。
パークチケットを登録すれば、1日1パーク3つのアトラクションまで予約できる「ファストパス・プラス(事前予約要)」もおすすめです。

リフィルマグ

「リフィルマグ」を購入すれば、専用のドリンクバーの飲み物が飲み放題になる優れもののマグカップ。ちょっとした節約にどうぞ。

直営ホテル宿泊特典

直営ホテルに泊まれば、「マジックバンド」がもらえます。ルームキーになっているバンドは、レストランやショップでの支払いが一括決済でき手ぶらでOKです。レストランの予約も楽ちんに!
先ほどお話しした「ファストパス・プラス」や開園1時間前、閉演2時間後まで遊べる「エキストラ・マジックアワー」という特典があります。

新しい交通システムスタート!


出典:ウィキメディアコモンズ
2019年9月29日から新しいロープウェイ「ディズニースカイライナー」が登場!ハリウッドスタジオとエプコットを結び、4つのホテルにも行けちゃいます。しかも、誰でも無料で使えるので安心です。

スポンサードリンク

各テーマパークの魅力


出典:pixabay
園内にある4つのテーマパークは、どれも魅力的。モノレールやフェリー、ボートやバスなど、園独自のトランスポーテ―ション・システムを使って、より効率よく回るのがWDW攻略のキーポイント!一つでも多くのアトラクションを満喫しましょう!ここでは、4つのテーマパークの魅力をご紹介します。

ファンタジーランドがリニューアル「マジックキングダム」


出典:pixabay
真っ白な壁とゴールドがまぶしいシンデレラ城での映え写真は、ディズニーでは必見でしょう。シンデレラ城では、プロジェクトマッピングと花火の豪華絢爛なナイトショーも開催。人気のアトラクションは、白雪姫の7人の小人をテーマにした、トロッコ列車で巡るスリルライドの「七人のこびとのマイントレイン」!

映画の世界を現実に!「ハリウッドスタジオ」


出典:ウィキペディア
映画ファン必見の、ハリウッドの黄金時代を楽しめます。時速98kmで宙返りを繰り返すスリル満点のロックン・ローラー・コースターが大人気。他にも、宇宙船を操縦するコックピット体験ができるスマグラーズ・ランもおすすめ。ウォルト・ディズニー氏が残した展示品などは、見ておきたいですよね。ワン・マンズ・ドリームでどうぞ。
銀河系の異次元体験ができるライドアクション「スター・ウォーズ:ライズ・オブ・ザ・レジスタンス」が、2019年12月5日にオープン予定です。

広大な敷地を大冒険!「アニマルキングダム」


出典:ウィキメディアコモンズ
「アバター・フライト・オブ・パッセージ」では、映画『アバター』のバンシーの背中に乗ってのスリリングな飛行体験を楽しめます。コースター好きには、エベレストをトロッコ列車で疾走する、「エクスペディション・エベレスト」もおすすめです。サバンナの動物たちに会いに行く、「キリマンジャロ・サファリ」や円形のボートに乗って熱帯雨林の激流下りを楽しめる「カリ・リバー・ラピッド」も必見です。
『ライオン・キング』や『ファインディング・ニモ』のミュージカルも楽しめちゃいますよ!また、5月からはナイトショー『リバーズ・オブ・ライト』や『ツリー・オブ・ライフ・アウェイクン』が、リニューアルしています。

近未来と世界の文化を知的探索「エプコット」


出典:ウィキメディアコモンズ
2019年10月1日にオープンした「エプコット・エクスペリエンス」で、360度のスクリーンに映し出される綺麗な映像は感動もの。また、同日にラグーンで始まった花火の「ショーエプコット・フォーエバー」もぜひ。また、NASAさながらの重力体験ができる、「ミッション:スペース」や『アナユキ』をテーマにしたライドアトラクション「フローズン・エバー・アフター」もおすすめです。

まとめ


WDWのアトラクションには、ディズニーからのメッセージが込められています。朝ちょっとだけ早く行き、夜遅くまで遊び尽くしましょう!1日に2つ以上のパークを回るのは無理があるかも。事前に調べて、自分なりのWDWライフを満喫してくださいね。

スポンサードリンク

Translate »