フィリピン

フィリピン・コルディリェーラの棚田群!2,000年の歴史が創りだした文化的景観!

フィリピンには、絶景ともいえる美しい段々畑が、2万kmに渡って広がっています。ここでは、未だに2,000年も昔の方法での農業が行われているんです。今回は、アジアの原風景と称されるフィリピンの世界遺産「コルディリェーラの棚田群」をご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

コルディリェーラの棚田群とは?


出典:ウィキメディアコモンズ
フィリピンルソン島の中部から北部にかけて連なる、コルディリェーラ山脈の急斜面に何百段も連なる棚田です。壮大な棚田景観の総面積は、2万ヘクタールもあり、あぜ道を全部つなぎ合わせるとその長さは地球を半周するほど。もちろん世界最大規模の棚田で、この美しい景観は「天国への階段」と称されています。

 

出典:ウィキメディアコモンズ
棚田では、紀元前3年以前からこの地で暮らし独自の言語を話す山岳少数民族の「イフガオ族」が、2,000年も変わらない方法で自給自足の生活を送っています。彼らにとってはこの棚田は、誇りであり生きて行くためになくてはならないものです。

 
また、イフガオ族の歌『ハドハド』は、世界無形文化遺産に登録されています。田植えや稲刈りの時期をはじめ、お葬式などでも歌われています。

 

出典:ウィキメディアコモンズ
アジアの原風景ともいえる棚田は、日本をはじめアジア中でどんどん減っており貴重な存在です。棚田景観も素晴らしいですが、標高1,000~2,000m台の山脈の絶景も言葉を失うほど壮麗です。また、傾斜地を階段状に平らにし土壁や石垣であぜ道を作り、湧水を引いて作られた“地球に優しい環境”であることも認められ世界遺産に登録されました。

 
『フィリピン・コルディリェーラの棚田群』は、1995年に世界遺産として登録されました。
登録基準は、文化遺産(ⅲ) (ⅳ) (ⅵ)です。

 
貧しい農村生活から逃れるため若者が都市へと流れたための後継者不足や浸食被害などの影響で、30%棚田が休耕田となってしまいました。それを受けて2001~2012年まで危機遺産に指定されました。

 

アクセス

首都マニラからバナウェまでバスで、8~10時間。バナウェから棚田までトライシクル(三輪タクシー)で約1時間。

 

コルディリェーラの棚田群のみどころ


出典:pixabay
やっぱり棚田を訪れるなら、壮大に広がるアジアの原風景は必見ですよね。「天国への階段」とも呼ばれる絶景は、サガダやバナウェからトレッキングツアーが出ているので、そちらを利用するのもおすすめです。農耕ができるか否かきりきりの標高2,000mにある、バナウェのビューポンとから見る絶景は言葉にならないほどです。往復約6時間のトレッキングツアーもあるので、体力に自信のある方はぜひ。

 

出典:ウィキメディアコモンズ
この棚田群も、時代の波による影響を全く受けてないとはえません。森林伐採が行われた山から鉄砲水が発生し棚田が潰されたり、農薬を使ったことによる生態系の破壊で化学肥料を使うようになった結果田が枯れてしまったりとその被害は甚大です。

 

世界遺産の主要棚田

バタッド・ライステラス


出典:pixabay
すり鉢状に広がる棚田の底部分にある「バタッドのライステラス」では、比較的気候が安定しているので年に2回お米が作られています。しかも、棚田群の中で最大規模を誇っており、見応えがあります。

 

出典:ウィキメディアコモンズ
バタッドの村から更に徒歩で約1時間半にある「タッピヤの滝」も必見です。へとへとになりながら歩いて行きますが、素晴らしい滝の迫力と美しさは見る価値がありますよ。

 

バンガアン・ライステラス


出典:ウィキメディアコモンズ
バタッド・ライステラスもですがバンガアン・ライステラスも、観光地化が進んでいます。イフガオ族の民芸品を売りが寄ってくるので注意が必要です。この棚田も中央に集中しており、村が棚田の中に点在している姿もみどころです。

 

ハパオ・ライステラス

ハパオ・ライステラスがあるフンドアンの棚田は全て世界遺産に登録されています。中でも、ハパオの棚田は、なだらかな平野に広がっているのが特徴です。このハパオ棚田の展望台からの景色は、絶景でインスタ映えの写真が撮れちゃいますよ。

 
ここには、アヒン天然温泉があって、歩き疲れた体をゆっくり癒すことができます。宿泊施設もあるので、泊まりで棚田を満喫したい方は、バタッド村かハパオ村で宿を探してみてはいかがでしょう。

 

マヨヤオ・ライステラス


出典:ウィキペディア
観光地化されていない、秘境的な棚田を見たい方におすすめです。ここでは、あぜ道を歩いたり、田んぼの中に点在する高床式の家を見たりと、原風景的な棚田観光を楽しむことができます。トレッキングコースもあるので何日か滞在して、昔ながらの田園風景を満喫したり、滝などこの地の自然に癒されたりの観光もおすすめです。

 

その他


出典:ウィキメディアコモンズ
日程に余裕がある方は、近くの村ボントックに立ち寄るのもおすすめです。世界遺産ではありませんが、バナウェの棚田と競うほど素晴らしいマリコン・ライステラスと出会えます。棚田はガイドさんとでの観光となりますが、ハイキングや温泉など観光資源も豊富です。

 

まとめ

日本にもまだまだ原風景の代表ともいわれる棚田が残っています。三重県の「丸山千枚田」や佐賀県の「浜野浦の棚田」、石川県の「白米千枚田」などが有名です。天国へと続くほど美しいと称される、「フィリピン・コルディリェーラの棚田群」と共に楽しんでみてはいかがでしょう。

 
スポンサードリンク

 
タイトル画像出典:Maxpixel

 

Translate »