スペイン

イスラム時代の面影をスペイン「メディナ・アサーラのカリフ都市」

「メディナ・アサーラのカリフ都市」は、かつて後ウマイヤ朝(西カリフ帝国)が起こしたアル・アンダルスの首都だったコルドバから北西約8kmにある、スペインの世界遺産です。ここには10世紀半ばのイスラム教支配時代に築かれた都市遺跡が残されています。今回は、イスラム教時代の面影を今に伝えるスペインの世界遺産「メディナ・アサーラのカリフ都市」をご紹介します。

スポンサードリンク

メディナ・アサーラのカリフ都市とは


出典:ウィキメディアコモンズ
「メディナ・アサーラのカリフ都市」は、コルドバ郊外にあるカリフ都市遺跡です。コルトバウマイヤ朝のカリフ「アブド・アッラフマーン3世」の離宮都市として、カリフがアサアラ妃のために936年から建設を始めました。929年に即位したアブド・アッラフマーン3世時代が最盛期で、カリフ時代の終わりを告げる内戦の中でベルベル人により、離宮都市は破壊され、1010~1013年に捨てられた後忘れ去られました。


出典:ウィキメディアコモンズ
20世紀初頭に発見されるまで、約1000年もの間地中に埋もれていたために、現在は遺跡が残っているだけですが、保存状態もよく高い評価がされています。ヨーロッパが「暗黒の中世」と呼ばれた時代のイベリア半島におけるイスラム文化を今に伝える遺産として、スペイン47番目の世界遺産に登録されました。現在は10%ほどが発掘され、復元作業が進められています。今後どのような遺跡が発見されるか期待感も大きい世界遺産です。

『メディナ・アサーラのカリフ都市』は、2018年に世界文化遺産として登録されました。登録基準は文化遺産(ⅲ)(ⅳ)です。

アクセス

・コルドバ中心部から車で約20分。
・便利な送迎バスも運行されています。コルドバのビクトリア庭園近くにあるバス停Paseo de Victoria からメディナ・アサーラ行きに乗り、遺跡から2km先の駐車場まで約30分。そこからは、20分おきに運行する無料送迎バスで行くことができます。
同じく世界遺産のコルドバ歴史地区で、素敵なパティオが点在するユダヤ人街や約850本の柱が残る円柱の森メスキータも一緒に観光してはいかがでしょう。

観光シーズンは、春から秋にかけて。7~8月は、気温が高いので避けた方がいいでしょう。

メディナ・アサーラのカリフ都市のみどころ


出典:ウィキメディアコモンズ
カリフの離宮都市として建設された遺跡の一番のみどころは、ザフラー宮殿です。イスラム時代に世界で一番美しい宮殿と呼ばれていたようで、東西1500m、南北700mある規模の大きさは「ヴェルサイユ宮殿」と比べられるほどだとか。宮殿の他には、大きな馬蹄形アーチが随所にあり、道路や橋、水利システム、アラブの浴場なども発掘されています。それでは、見どころをご紹介しましょう。

傾斜を利用した三段作りの街


出典:ウィキメディアコモンズ
山の傾斜を利用して三段に分けて造られています。下層には大メスキータと市民の居住地となっており、中層は官庁と庭園、最上層には高官たちの屋敷があったようです。この上に宮殿があります。下層には薬局や市場などもあり、繁栄していたことが見てとれます。
グアダルキビル川と平原を見渡すシエラ・デ・コルドバの花嫁の山の中腹という絶好のロケーションにあり、遺跡の廃墟美と周辺のオリーブ畑やイトスギの緑のコラボも必見です。また、かつて庭園にはアーモンドの木が植えられており、白いアーモンドの花を思い浮かべながら歩くのもステキですね。

ザフラー宮殿


出典:ウィキメディアコモンズ
最上層にある、アラビア語で「花」を意味する中世イスラム建築の宮殿跡です。都市はかつて、グアダルキビル川まで続いており、この城から見渡す位置に街が広がっていたようです。執務室や応接室、王の部屋やプライベートルームもありました。鉄や青銅張りの扉1500枚以上発見されており、大理石板の床には侵略時に焼かれ鉛が床に落ちた赤茶けた跡が残っています。


出典:ウィキメディアコモンズ
また、美しいイスラムの装飾も残っているので見る価値ありです!

庭園


出典:ウィキメディアコモンズ
中層にある緑に包まれた庭園も、カリフ気分でお散歩するのもいいかも。また、ここには動物園があったといわれています。

高官たちの屋敷


出典:ウィキメディアコモンズ
中世のイスラムの雰囲気が漂う道を歩くと、迷路のような住居跡に着きます。政治の実権を掌握していた、宰相の屋敷もあります。水路システムが縦横に備わっており、山の中腹で水の量も豊富だったことが分かります。水洗トイレや地下水路も見られます。
建物の石が破壊されているところもあり、かつてベルベル人たちが戦利品として、建築資材として持ち去った状況も連想できます。

イスラムの象徴メスキータ


出典:ウィキペディア
下層には、メッカの方向を割り出し宮殿とは逆方向に向けて作られたメスキータ跡も残っています。基礎しか残っていませんが、礼拝堂や中庭、ミナレットの跡も見られます。また、礼拝堂の中庭には、ワイン色の赤大理石が使われています。

まとめ


出典:ウィキメディアコモンズ
コルドバカリフ時代の壮大なスケールの遺跡です。遺跡が持つ美しさと緩衝地帯の自然のコラボは、一生に一度は見たい絶景!カリフ時代の繁栄と衰退の歴史を学びながら、ファンタスティックな観光をしてみませんか?

スポンサードリンク

Translate »