ペルー

ペルーの世界遺産!「マチュピチュ」とは?

マチュピチュはペルーの山の奥、高くにあるインカ帝国のまちです。15世紀に建造されいつかの時に捨てられました。このペルー人の古代遺跡はおよそ100年前に発見されました。しかしまだまだこの遺跡の謎は解けておらず、現在も考古学者たちが解明を試みています。

 

スポンサードリンク

 

マチュピチュが観光で賑わう時期は?

ペルーや南アメリカに旅行する人たちにおいてマチュピチュは必ずと言っていいほど注目される魅力ある世界遺産です。驚くべきロケーションに大陸で1番有名な考古学的遺跡は存在します。スペイン人による開拓でも見つけられることなく長くのこと忘れられていたこの遺跡は20世紀初めに明らかになりました。もっともにぎわう時期は5月下旬から9月初旬頃で、1日におよそ2500人もの観光客が訪れます。

 

マチュピチュ歴史保護区


入場券はよく売り切れになるためあらかじめ前売り券をクズコの町で買いましょう。観光客は午後4時までまでしか入場することができず、5時には出ている必要があります。大人券はオンラインで購入することができますが、学生や子供の券はオンラインでは購入することはできません。

 

このエリアにある400もの有料ハイキングコースなどには1日2500人の観光客しか入ることができません。おすすめの時間帯の早めか遅めに訪れて、最悪の混み具合を避けることをお勧めします。

 

ウオーキングキングスティックやハイキング用のバックパックは20L以下でなければ入ることができません。(エントランスにて荷物検査あり)

 

ローカルのガイドさんたちは簡単にエントランス外で雇うことができます。(本物かをIDでしっかりと確認して値段は前々に交渉しておきましょう)

 

マチュピチュの発見

1911年の夏、アメリカ人考古学者のHiram Binghamが彼のチームとともにスペインの侵略の際にインカ帝国の最後であったVilcabambaを見つけるために到着しました。そして一行はクズコの現地人からその近くの山の上に荒廃した建物があるといわれたウルバンバ谷へと道を進めました。その現地人はその山をを彼らの言葉で古い山頂を意味するをマチュピチュと呼んでいました。7月24日、厳しい天候に見舞われた登山ののちにBinghamは農家の集団に出会い、彼らがBinghamに残りの道を教えました。そして11歳の少年に連れられbinghamは入り組んだ石の台地、マチュピチュの入り口を目にしました。

 

彼はマチュピチュから人口遺物を発掘し、さらなる調査や研究のためにYale 大学に持っていきました。しかし、後のペルー政府がオバマ大統領に返還を要請し、ペルー本国へと戻されました。

 
Binghamがマチュピチュを訪れた最初の部外者かは定かではなく、ある伝道師や冒険家がここを19世紀と20世紀初めに訪れた証拠がありますが、彼らはそこで発見したものが何だったのかに気付くことはできず、Binghamが初めてインカ帝国失われた遺跡として世界にマチュピチュを広めたといってよいでしょう。

 

マチュピチュの今日


ユネスコ世界遺産に1983年に登録され、2007年には世界の7不思議の一つとして選ばれました。マチュピチュはペルーでの最も人気の観光地であり、南アメリカで1番有名な遺跡の1つです。1年に何十万人もの観光客を集め、近隣地域の経済発展や、観光業に貢献しています。さらにマチュピチュはいくつも絶滅危惧種の住処でもあり、今日、ペルー政府はこの神秘の地マチュピチュを浸食や荒廃から守るために働いてます。

 

スポンサードリンク

 

Translate »